夫婦で登山をする5つの醍醐味

こんにちは!
夫婦で登山を楽しんでいるyamatomoです!

ゴールデンウィーク、終わってしまいましたね〜!
今は、東北道を北上しながら自宅に帰る途中です。

車の中で、主人と話しながら、

yamatomo
もう1回山登れたかもね

teruさん
うん、勿体無かったな
時間余ってたのに
気がついたのが遅かった

 

yamatomo
那須、登れば良かったかもね

teruさん
他の人の(登山記録)を見ていると登りたくなる!

次回は、もっと計画を立てて、もっと沢山、登山を楽しめるようにしたいと、反省です。(^_^;)

このゴールデンウィークに登った至仏山の様子は、GWの至仏山で、夫婦でヒップそり!前編GWの至仏山で、夫婦でヒップそり!後編でお伝えしているので、ぜひ読んでみて下さいね!
後編にはヒップそりの動画もありますので、結構楽しいレポになっていると思います!╰(*´︶`*)╯♡

 

そう、今日は、この至仏山でも満喫した、夫婦で登山をする醍醐味をお伝えしたいと思います!

夫婦で登山をする5つの醍醐味

1.大自然を共感できる

天候に左右されるところもあるとは思いますが、登山の醍醐味でもある、非現実的な、非日常的な、同じか(笑)、大自然の絶景や臨場感、雄大さを味わうこと、これを最愛のパートナーと共感できるほど、嬉しい幸せなことはないと思います!

 

普段とは到底かけ離れた臨場感のある絶景を観た時、あなたもきっと誰かとその感動を分かち合いたいと思うと思うんです!私は凄く思います!誰かとこの感動を一緒に味わって、この感動を共に共有したい!共感したい!

そう、共感って大事ですよね!

感動すること、テレビを観て感動したとか、映画を観て感動したとか、そんな時、誰かとその感動を味わいたい!誰かとその感動について話したい!誰かとその感動を共感したい!と思いませんか?

それって人間の自然な感情欲求なんだと思うんです!
その感情欲求を、愛するパートナーや大切なパートナーと分かち合えるって、とっても素敵で幸せなことだと思うんです!

夫婦で登山をすると、その感情欲求を十分に満たしてくれます!

もし、あなたが最近、最愛の人と、大切な人と一緒に感動を味わっていないのであれば、一緒に山登りをしてみるといいかもしれません!

パートナーと一緒に黙々と登ってもいいし、時々会話しながら登ってもいいし、頑張った先には大自然の臨場感ある絶景がお互いの気持ちを一つにしてくれます!

小さな地元の里山でもいいんです!一緒に登ることでたくさんの得るものがあるはずです!

yamatomo
あぁ、主人と一緒にこの景色を見れて良かったぁ〜

って、私はいつも心の中でその気持ちを噛み締めています。(*^^*)

 

2.お互いに意識が向く

登山の山行って、登る山やコースにもよりますが、足場が悪い所だったり、急登だったり、岩場だったり、険しい所だったり、ドロドロの登山道だったり、色々な場面があります。

お天気も色々な場面があります。晴天だったり、曇ったり、ガスったり、雨だったり、雨も小雨や大雨があったり色々です。雷もあるかもしれません。

そんな様々な場面があると、所々でお互いがお互いに自然に意識が向くと思うんです!

どう向くかと言うと、お互いに大丈夫かな?とちょっと心配したりすると思うんです!
すると、あっ、私のこと心配してくれているって改めて分かったりします。

大自然がおりなす場面が必然的にパートナーを心配する気持ちにさせる、これはお互いがお互いのことを思っていると言うことだと思うんです!

それって、とっても大事なことだと思うし、そうすることでお互いの気持ちが深まっていくのではないかと思います!

そう、お互いにお互いの意識が広がると思うんです!

そして大自然のおりなす場面を、一緒に一つずつクリアしていくことで、いつしか同じ目標に向かって心が一つになるんです!

もう、これもとっても素敵で幸せなことだと思うんです!

 

3.緊張感の中の安心感

一般的な登山者からすると、大自然の中に身を置く登山は、非現実的な、非日常的な行為だと思います。その非現実的な非日常的な行為には多少なりとも緊張感があると思います。

最愛のパートナーや大切なパートナーと登山をすると、1人で行動するよりもずっと安心感が得られます。

大自然のおりなす様々な場面で、パートナーと一緒に登ると安心して登ることができます。

そうなんです!パートナーが見える所にいるって大事なことだと思うんです!٩( 'ω' )و

時々、うちの主人は、私を置いてどんどん先に進むことがありますが、特に下山は主人が得意なので早いんです。付いていけなくて、主人の姿が見えなくなる時もしばしば。( ;  ; )そんな時、結構心細かったりするんですよね〜。

yamatomo
それを分かってな〜〜い! 分かれ〜〜!

って声を大にして言いたいです!

まぁ、でもこの緊張感と安心感が共存するって、日常ではあまりないと思うので、とっても刺激的でいいと思うんです!

時には、主人の頼り甲斐のあるところを垣間見れたりして、カッコイイって思ったりして。

そんな時、やっぱり思うんです。

yamatomo
あぁ、主人と一緒で良かったぁ〜

って。

 

4.時間を共有する

登山て、山やコースにもよりますが、だいたい半日から1日かかったりしますよね。すると、その間ずっとパートナーと行動を共にするわけです。

この行動を共にすると言うことは、その間の時間を共有することに他ならない。もしかしたら、登山中は行程によって、普段よりも一緒にいる時間が長いかもしれません。

同じ時間を共有する、これは本当に大事なことだと思います! 時間はもちろん元には戻らないので、掛け替えのない時間です!

時間を共有することで、パートナーを思う時間も増えると思います!つまりお互いに相手の意識が広がると言うことです!

楽しい時間も分かち合える!しかも、1人より2人の方が楽しさも倍増!こんな素敵で幸せなことはないです!╰(*´︶`*)╯♡

ただし、時間を共有する上で最も大切な大前提は、パートナーを好きであることです。

そうでないと、一緒にいる時間が苦痛でしかありません!(苦笑)(^_^;)

あなたもぜひ、好きな人と、大切な人と、最愛の人と時間を共有して、素敵な時間を過ごして下さいね!

 

5.達成感を共有する

登山は、山の頂上に登ることを目的としています。トレッキングは、頂上には登らず山を歩いて風景を楽しんだりすることが目的です。どちらにしても、それぞれの目標や目的があります。

どちらも、非現実的な非日常的な大自然の中で、一緒に行動し、時間を共有し、緊張感と安心感を味わい、お互いに意識しあい、臨場感や絶景を共感し、最後、日常に戻った時の達成感は半端なく大きなものです!

うちの夫婦も、いつも下山の後、自分たちが登った山を平地から見上げて、

yamatomo
よく登ったね! 今日も良く登った!

teruさん
そうだね!

と同じことを言っていますが、その裏には大きな大きな達成感があります!

山頂という目的を達成するためには、自分の足で登るしかありません。

それなりの時間と労力がかかっていて、時にはお互いに励まし合いながら登ったり、手を取り合って登ったりと、山頂にたどり着くまでにはそれなりのドラマがあるからこそ、お互いに良く頑張ったなぁと、一緒に達成感を味わい絆が深まるのです!

主人はどう思っているか分からないけど、少なくても私はそう思っています!(笑)

今回の至仏山の登山は、山行は1日でしたが、とっても思い出深い、素敵な幸せな登山でした!

夫婦で登山をする5つの醍醐味、いかがでしたか?

夫婦で登山、おすすめでっす!

おまけ、そうそう、夫婦で運動できて健康にもいいです!

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました!
愛と感謝を込めて

 

yamatomo

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事