こんにちは!
夫婦で登山を楽しんでいるyamatomoです!

さて、突然ですが、あなたの夫婦は喧嘩ってしますか?

まぁ、普通、どこの夫婦も喧嘩くらいしますよね〜。

あなたなら喧嘩をした時、どうしますか?

あるアンケートの興味深い結果を見て、やはり〇〇は夫婦に良いなと改めて思ったので、それについてお伝えします。

夫婦で喧嘩をしたら

 

喧嘩の原因を探ってみる

突然ですが、あなたのところは夫婦喧嘩ってしますか?

うちの夫婦は喧嘩までにはならないですが、意見が合わないことは時々あります。

原因を探ってみようと、最近、何で喧嘩したかなぁと思い出そうとしても、パッと思い出せるような記憶がない。

まぁ、ほとんどの場合は本当に些細なことで、多分、私が言うことを聞かないと主人の機嫌を損ねて、ちょっと険悪なムードになるパターンが多いのかなぁ。

そこで、主人に聞いてみた。

tomo
うちって喧嘩する?

teruさん
するんじゃない、してるじゃん

tomo
えっ、そうなの?

teruさん
もう、そう言ってる側からイライラする

tomo
えーっ!そうなの? 何がイライラするのかさっぱり分からない

teruさん
ほら、もう喧嘩になってるじゃん

tomo
えっ、これって喧嘩なの? ただ言い合ってるだけじゃん(笑)

 

私はあまり喧嘩しているという自覚がないのが正直なところですが、聞いてみてお陰様で、随分とお互いに認識の差があるなぁってことが分かりました。😅

私の場合、そんなことは全く気にしませんが、実は、この会話の中でもう一つ大事なことが分かったんです。

それが何か、あなたには分かると思いますが。

その答えをお伝えする前に、喧嘩をしてもこれだけは絶対に避けたいことをお伝えしておきたいと思います。

うちの夫婦もお互いにこれだけは絶対にしません。

夫婦の喧嘩でどんなにエスカレートしても絶対にしてはいけない4つのこと

暴力を振るうこと

どんなに夫婦喧嘩がエスカレートしても、暴力は絶対にしてはいけません!

暴力は、大人としても社会人としても、受け入れられるものではありません。

どんなに相手が悪くても、暴力は絶対ダメです。

お互いに傷つくだけです。

暴力はマイナスの結果しか生みません。

物を投げたり物に当たること

喧嘩中に感情的になって、身近にある物を投げたり、ドアなどに当たったり、これも暴力と同じで何もいい結果は生み出せません。

お互いに悲しさが残り、傷つくだけです。

物に当たり散らすことでした感情をコントロールできないのは、人として幼いのかなと思います。

暴言を吐くこと

いくら夫婦であっても言っていいことと悪いことがあります。

いくら夫婦であっても相手が傷つくようなことは言ってはいけないです。

傷つくような言葉は一度言ってしまうと、後から取り返しがつきません。

傷ついた思いは、努力してもなかなか消すことができません。

信頼を失ってしまうかもしれません。一度失った信頼を取り戻すのはとっても大変なことです。

大人としても社会人としても、わきまえて言動するように心がけることが大切です。

刃物を持ち出すこと

喧嘩をしてヒートアップすると、ドラマのように刃物を持ち出す、これはもう絶対に許せません!

言語道断人として絶対にしてはいけません!

実際に殺傷しなくても、刃物を持って脅さないと問題解決できないのは、自分の感情もコントロールできないのは、人間としても大人としも論外です!

そこに生産性はありません。

会話の中で分かった大事なこと

最初の章に書いた夫婦の会話で気がついた大事なこととは、コミュニケーションのことです。

周りから仲が良いと言われるうちの夫婦でも、コミュニケーションが足りないと感じるのだから、仲が不安定な夫婦はかなりコミュニケーションが足りないのではないかと思います。

喧嘩は良く良く突き詰めていくと、お互いのコミュニケーションが足りないところに行き着くと思います。

家事や仕事、子育てに終われてすれ違う日々が続くと、次第に夫婦の会話が減り、お互いに考えていることが分からなかったり、些細なことで意見が食い違ったり。

コミュニケーションが上手くいっていれば回避できたかもしれません。

時間がない時こそ、コミュニケーションをとって、様々な物事に対する夫婦のお互いの気持ちを確認し合い、理解を深める努力が必要です。

その時間を作ることも大事なこと。

日々の忙しい中でも、一緒に何かをする時間があると会話もしやすくなります。一緒に朝ご飯を食べるとか、一緒に寝るとか、一緒にお風呂に入るとか、一緒に家事をするとか。

一緒にできることも、時間を作ることもその気になればいくらでもできます。

自分は本当はどうしたいのか。

夫と本当はどうなりたいのかを明確にして、そのためにはどうしたらい良いのかを考えることも大事なことです。

世の中には、自分がその気にさえなれば、いくらでも良いヒントがあります。

このブログに行き着いたように、インターネットにも情報が沢山あります。

家にいながら、スマホを見ながら情報を得ることができます。

全ては自分次第なのです。

そう、夫婦仲も。

興味深いアンケートの結果

あるアンケート結果を見て思ったことを少しお伝えしたいと思います。

それは、夫婦で山登りをしている人に聞いたアンケートの結果で、うちの夫婦も登山を楽しんでいるので、とても興味深いアンケートの結果でした。

その中の1つの項目についてですが、実は、普段の日常生活では夫婦喧嘩をしても、登山中は喧嘩をしないという夫婦が圧倒的に多かったのです。

しかも、喧嘩中でも山に行くとその喧嘩も中断するという夫婦もいるぐらいでした。

まぁ、喧嘩中でも登山に一緒に出かけるということはさほどの喧嘩ではないのかもしれませんが。😅

合間に山登りを入れて、喧嘩を休息する。

これ、意外と効果があると思います。

夫婦で山登りをすると同じ目的に向かって行動を共にします。

夫婦でお互いの協力が必要だったり、非日常的な環境の中で適度な緊張感を味わいながら、大自然が織りなす絶景や高山植物などに癒され、一緒に感動したり励ましながら行動することで、いつの間にか喧嘩していたことも忘れてしまう。

喧嘩をしていても、共に助け合いながら山頂を目指し、山頂という目標を達成した時には絶景が待っていたりすると、この人と一緒に達成できて良かった、絶景を一緒に見れて良かったと感じることができます。

そこが、非日常では味わえない大自然の魅力、夫婦で登山をする魅力でもあります。

もし夫婦で絆を深めたい、もっとより良い関係を築きたいと思っているなら、夫婦で山歩きをおすすめします。

山登りする回数が増える度に、自然と仲も深まっていくと思います。

充実した登山ライフを遅れますように!

 

最後までお読み頂きありがとうございました!
愛と感謝を込めて

yamatomo

 

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください