こんにちは!

 

夫婦で登山を楽しんでいるyamatomoです!

 

岩木山は本州で最北端の百名山。

 

夫婦でずっと登りたいと思っていた岩木山にやっと登れた。

 

と言っても、ちょっとズルをした。(笑)

 

岳コース

岩木山は、青森県弘前市と西津軽郡に位置する標高1,625mの百名山、新百名山の一つに選定されている山。

 

登山コースは放射状に5つある。

 

今回は、嶽温泉から登る岳コース(嶽コース)をteruさんが選択。

 

この岳コースは、岩木山観光協会のホームページでは、ページによって3時間と書いてあったり4時間と書いてあったりするけど、一般・初心者向きとなっている。

 

岩木山観光協会のホームページ

 

YAMAP(GPS登山地図アプリ)の標準時間だと3時間になっている。

 

GPS登山地図アプリについての記事はこちら

 

出発前

この日は、嶽温泉(だけおんせん)登山口に朝5時過ぎに到着。

 

早朝だからか、うちの車以外に駐車している車は1台だけ。

 

ガスってて今にも熊が出そうな雰囲気。(^_^;)

 

teruさんのコースチョイスに、

 

yamatomo
もっとメジャーなコースはなかったのか?!

 

と思いながら渋々準備をしていたら、1台車が来てホッとした。(笑)

 

学生らしき4人組で賑やかになり、さらにホッとする。

 

登山開始

人もなくガスっていて薄暗い登山口(笑)

気にせずスタートするteruさん

 

後ろを追いかける。

 

歩き始めて最初に現れたのは、オカトラノオ
オカトラノオ

オカトラノオ

 

すぐに二つ目の鳥居

 

登山道も薄暗くてやや不安

 

アジサイの仲間、ノリウツギ

ノリウツギ

 

トリアシショウマか、ヤマブキショウマか、どっち?

トリアシショウマか、ヤマブキショウマ

 

これも多分、オカトラノオ

オカトラノオ

 

ネジバナ

ネジバナ

 

赤いキノコ

 

所々、草ボウボウでテンショ下がる(^_^;)

 

左に行くと岩木山山頂、右に行くと湯ノ沢への分岐

 

エゾアジサイ、綺麗なブルー!

エゾアジサイ

 

カラマツが続く登山道

 

ブナ林にかわりまだまだ続く樹林帯

 

巨木の森と山頂への分岐

 

ここまで私の亀足で50分ぐらい。

 

この巨木の森方向へ行くと水場もある。

 

4人組はこの分岐で別れたのか、いつの間にかうちの夫婦だけに。

 

登山は、あまり人が少なすぎても心細い。(笑)

 

また、ヤブ、苦手だぁ〜!

 

このヤブの後に事件が・・・・(^_^;)

 

小事件

小事件が勃発!

 

真夏の暑い日で、ヤブを通ったら、虫除けスプレーの効果も無く、アブと蚊に沢山刺された。

 

アブに刺された瞬間思わず、

 

yamatomo
痛っ!!

 

って声が出るほど痛くて、その後もずっと痛みが続き、一気にテンションだだ下がり〜。(^_^;)

 

虫は本当に大の苦手。

 

それでも登るしかない。

 

自分との戦いだけど、

 

yamatomo
アブ痛いっ!! アブ嫌だっ!! ヤブ嫌だっ!!

 

を連呼しながら登っていたら、

 

teruさん
tomoさんクッサいからじゃない!ハハハ

yamatomo
バシっ!👊💢
ここから山頂まで2時間らしい

 

ここまでは、1時間20分ぐらい。

 

またヤブ・・・・・(^_^;)

 

 

八合目手前

八合目手前の眺望にやっと出た。

 

その眺望を立ち止まって楽しんでいるteruさんに、

 

yamatomo

止まらないで早く行って〜!! アブ嫌だっ! アブ痛いっ! ヤブ嫌だっ!

 

とまたまた連呼し、うるさく当たり散らしながら、teruさんを急かし、とにかく虫が嫌なので、眺望には目もくれず、八合目へ足を急いだ。(笑)

 

teruさんには、

 

teruさん

それで良く山登ってるね。(笑)

 

と笑われている。(^_^;)

 

 

一応カメラには収めた(笑)

 

八合目までは車でも行けるスカイラインがある。

 

その道路に出た

 

 

八合目到着

八合目までは、標準時間だと2時間のところ、10分オーバーで到着。

 

写真は撮り忘れてしまったけど、八合目には売店や販売機があり、カップ麺などの軽食も置いてある。

 

食堂のように椅子とテーブルが置いてあり、景色を見ながら軽く食べたり飲んだりできる。

 

八合目から山頂方面

 

 

登山リフト

八合目には、登山リフトがあり、登山シーズンに運行している。

 

リフト乗場とリフト券売り場

 

 

営業時間は9:00〜16:00

 

八合目と岳温泉のスカイラインはバスが運行しているから、登りでも降りでもバスに乗れば短縮できる。

 

往復ともバスを使うならば、八合目の駐車場に車を駐めて登った方が良い。

 

 

これはバスの時刻表

 

八合目の先も背の低い樹林帯が続き、テンション下がっている私は、目の前のリフトを眺めていると、teruさんが、

 

teruさん
リフト乗る?

 

 

の一言で、

 

yamatomo

乗る〜っ!

 

ということで、リフトが動くまでの間にトイレを済ませて、た。八合目からはリフトで短縮することにし、(笑)

 

先に乗ったteruさん

 

ヤブから解放されて気分も回復(笑)

 

リフトからも良い眺め

 

山頂が見えた

 

リフトから八合目の駐車場と青森湾

 

リフトの下に沢山群生していた花

 

 

リフト頂上、九合目

リフトを降りると九合目。

 

リフト頂上に到着

 

左側の登山道を行くと岩木山(1625m)山頂へ。

 

右側の登山道を行くと鳥海山(1502m)山頂へ。

 

山形の鳥海山ではない。

 

岩木山山頂まで30分、鳥海山山頂まで10分と書いてあるけど・・・・

 

鳥の海噴火口を周って行く。

 

この写真はちょっと分かりにくいけど、鳥の海噴火口

 

岩木山山頂へは、岩場*1が続く

 

岩場が続くので浮石などに注意が必要。

 

 

鳳鳴ヒュッテの分岐

リフト山頂から10分ぐらい行くと、鳳鳴ヒュッテの山小屋があり、百沢コースとの分岐に出る。

 

この辺りから急登*2が続く。

 

合流するから登山者もやや増える

 

ここから山頂まで20分と書いてあるが・・・・

 

鳳鳴ヒュッテからの谷間に弘前市街地が一望できる

 

岩木山の山頂方面

 

青森湾方面

 

振り返って、鳳鳴ヒュッテの屋根が見える

 

 

山頂到着

ずっと続く岩場は高度感があってややスリルも味わいながら、急登を登ること約30分、山頂に到着!

 

標準時間より10分オーバー、私的にはまずまず。

 

山頂のモニュメントと鐘

 

お約束の夫婦で記念写真!

 

この日は天気が快晴で、山頂からの景色も見事で、360°の大パノラマを楽しめた。

 

早朝はガスっていたことも忘れ、北海道や八甲田山、鳥海山、岩手山(おそらく)も見えて、360°の大パノラマを楽しむことができた。

 

山頂は登山客でいっぱいだった。

 

360°の大パノラマと山頂の様子の動画はこちらから

 

 

八戸方面

 

 

お楽しみの山頂ランチタイム

天気が良いから、山頂でランチタイムに。

 

この日は、うちの定番、コンビニのおにぎりと、+αで自家製ベーコンを持参。

 

ダイソーのスキレットで焼くとこれが美味しい。

 

頑張って担いだ甲斐があった(笑)

 

ベーコン焼きとノンアル

 

絶景を眺めながらのノンアル&ご飯でテンションもかなり回復(笑)

 

 

下山

山頂からは登って来た岩場をトレッキングポールを使ってリフトまで降り、リフトを使って八合目まで降りた。

 

八合目からは、もうヤブはこりごりだしへタレな私はteruさんに交渉し、バスで嶽温泉の駐車場まで下山。(^_^;)

 

意外にもあっさりオッケーだった。

 

もはや登山とは言えないハイキングの域

 

 

駐車場到着

最後は、嶽温泉のソフトクリームを食べてご満悦に終わった。(笑)

 

写真を撮り忘れて半分溶けた(笑)

 

 

登山と温泉はセット

下山後は温泉で汗を流し、疲労した筋肉を温泉に浸かりながら癒すのがお決まりのコース。

 

特に良く歩いた疲労感が強い日は、温泉にゆっくり浸かって疲労が解放されて行くのが分かる。

 

これがまた心地良い。

 

登山と温泉は、セットで楽しんでいる人も多いと思う。

 

初めての山やコースだと、温泉も初めてだったりするから、ちょっとした旅行気分にもなる。

 

うちの夫婦も、紛れもなくいつも登山と温泉をセットで楽しんでいる。

 

今回は、八合目の売店の女性に岩木山周辺のオススメの温泉を聞いてみた。

 

売店の廊下に貼ってある近場の温泉ガイド

 

おすすめされたのは、アソベの森いわき荘。

 

そこに行ってみた。

 

この時は、受付の方に団体が大浴場を使っているからと、小さい方の浴室を案内されたが、この小さい方の浴室が木の浴室で雰囲気もあり、こじんまりと静かでゆっくりとできて良かった。

 

写真に撮れなかったのは残念だけど、ホームページがあるので、そちらをどうぞ。

 

今回利用した温泉のホームページ

 

 

今回の軌跡と時間・距離・高低差

今回の軌跡と活動時間・活動距離・高低差などを載せるので参考になれば嬉しい。

 

 画像をクリックすると拡大する。

 

軌跡

 

時間・距離・高低差

 

 

登山用語メモ

登山用語メモ
  • *1 岩場 = 山などの岩や石が大小ゴロゴロ混在している登山道や岩の多い場所。また登山岩登りの対象となるような岩がむき出しになっている所。ガレ場とも言う。浮石(浮いてゴロッと転がるような石)が多く足場が不安定のため、捻挫や転倒に注意が必要。また落石にも注意が必要。
  • *2 急登 = 急傾斜が続く登山道のこと。急な登り坂の登山道。

 

 

まとめ

こんなにわがまま気ままな山行も、夫婦二人で登っているからであって、これが山登りのコミュニティーだったり、何人かのパーティーだったらそうは行かない。

 

今回のように、いつでもプラン変更できる自由さが、私たち夫婦には合っている。

 

というよりは私にはかな。(笑)

 

薮も虫も今となっては笑えるいい思い出。(笑)

 

今回のこの岩木山の岳コースは、リフトを使えば時短や距離も短縮でき、岩木山観光協会のホームページ通り、急登も八合目からの30分程度で、初心者でも登りやすい山だと思う。

 

東北に来たら是非オススメしたい登って欲しい山の一つになった。

 

山頂は360°の大パノラマが望めるため、天気は良い時の方が圧倒的にオススメ。

 

ただし、天気が良くても風が強い時は、八合目より上の岩場は滑落や転落の危険があるため注意が必要。

 

このコース、冬はヒップソリやバックカントリー、スノボーが楽しめるので、冬もなかなか良い。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。
愛と感謝を込めて。

 

yamatomo

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事