百名山 東北 早池峰山 小田越コース 岩手県 日帰り登山 2017.7 vol.2

こんばんは!

 

夫婦で登山を楽しんでいるyamatomoです!

 

 

こちら東北も暑い日が続いておりますが、あなたは体調大丈夫ですか?

 

私は、お陰様で涼しいところで仕事ができているので、なんとかなっていますが、外は本当に暑いです。(>_<)

 

水分補給をしっかりとしたいところです。

 

 

さて、前回は、早池峰山 小田越コース 登山 2017.7 vol.1 の記事で、1合目付近までの山行をお届けしました。今日は、そこからまた続きをお伝えして行こうと思います。(*^^*)

 

早池峰山 小田越コース 登山 2017.7 vol.2

 

森林限界を超えて

 

さて森林限界の1合目付近まで登ってきたのですが、ガスは相変わらずです。(>_<)

 

意外に登山者が多かったので、こんなお天気の時は、よし私も頑張って行けるところまで行こうと励みになったりします。
٩( 'ω' )و

 

やはり森林限界まで来ると、風が出てきました。

 

山頂方面はガスで見えません。(>_<)

 

 

 

森林限界を越えて岩場に出ると沢山のお花が出迎えてくれました。╰(*´︶`*)╯♡

 

このお天気で唯一のお楽しみであり、元気をもらえます。٩( 'ω' )و

 

あら、どれもピンボゲ。(^_^;)

 

↓ ナナカマドかな。

 

 

 

↓ こっちもナナカマドに似ているけど、マルバシモツケかな。

 

 

 

↓ キバナノコマノツメ。あちらこちらに沢山咲いていました。(*^^*)

 

 

 

 

↓ 早池峰山の固有種で、ミヤマヤマブキショウマ。

 

 

 

↓ ミヤマオダマキもそこら中に咲き誇ってました。風があるのでなかなかピントが合いません。(^_^;)

 

 

 

↓ ミヤマシオガマ。何度見ても不思議な形です。これも沢山咲いてました。(*^^*)

 

 

 

↓ キンロバイかな。これも沢山咲いてます。

 

 

 

↓ ナンブトラノオ。このフサフサ、繊細で綺麗です。╰(*´︶`*)╯♡

 

 

 

↓ 沢山撮りましたが、風が吹いているので、シャッターチャンスは難しいです。(>_<)

 

 

 

↓ これが、早池峰山の固有種、ハヤチネウスユキソウです。
高山植物ならではの雰囲気を醸し出しています。今が見頃です。╰(*´︶`*)╯♡

 

 

 

↓ ホソバイワベンケイ。

 

 

 

↓ 何マツ? キレイな色です。

 

 

 

ガスは晴れそうもありません。(>_<)

 

急登でこの景色の中、皆さん、頑張って登っています。٩( 'ω' )و

 

息がハアハアと上がります。(^_^;)

 

 

 

 

ほんの少し、ガスが薄くなると見渡しが良くなります。

 

 

 

 

振り返ると、主人が後ろにいました。いつ抜かしたっけかな。( ✌︎'ω')✌︎

 

 

 

 

↓ ミヤマオダマキの蕾です。

 

 

 

↓ これは多分、ミヤマキンバイかな。

 

 

 

↓ 風で揺れるのでなかなか撮れません。(>_<)

 

 

 

↓ キバナノコマノツメとミヤマオダマキ。

 

 

 

↓ 大きなハヤチネウスユキソウ。*\(^o^)/*

 

 

 

2合目通過

標高が上がって風がだんだん強くなってきます。

 

1合目からここまで約50分ぐらいでした。
登山口からだと、約1時間半ぐらいです。

 

 

 

 

そもそもスタートが遅かったので、当然下山される方と沢山すれ違いました。(^_^;)

 

 

 

 

今回、ガスっていたので、実は100均の防水のビニールカバーにiPhoneを入れたまま撮影していたので、どれもピンポゲ。
(^_^;)残念。次はもう使うのやめよ〜。

 

 

 

 

↓ 私の大好きなチングルマが・・・・・(^_^;) 残念!

 

 

 

3合目通過

2合目から3合目は、めっちゃ近いです。*\(^o^)/*

 

わずか6分ぐらいでした。

 

なんでいきなりこんなに近いのか???? 良くわかりません。たまたま?(笑)

 

 

 

 

相変わらずのガスガスです。

 

 

 

 

キレイな色なのでまた撮っちゃいました。(笑)

 

 

 

 

ちょっと小腹が空いてきたので、登山には初のチョコようかんデビュー!

 

これ結構美味しいです。チョコのようなようかんのような。(笑)

 

暑い夏の登山にチョコを食べたい時、溶けにくいのでいいかも。*\(^o^)/*

 

 

 

 

↓ ミヤマアズマギクも沢山咲いていました。見頃です!*\(^o^)/*

 

 

 

↓ ハヤチネウスユキソウとミヤマシオガマとミヤマキンバイが奏でるお花畑!わかるかなぁ。

 

 

 

4合目手前で敗退

そうこうしているうちに、強風になってきて、

 

[char no=2 char="主人"]もう降りよう!危ないから。怪我したらこの後が登れなくなっちゃうから。[/char] [char no=1 char="yamatomo"]えーっ、もう降りちゃうの。残念。もう少し行けそうな気が・・・・。[/char] [char no=2 char="主人"]ご飯どうする? 食べれそうな場所がないね。[/char] [char no=1 char="yamatomo"]降りてからでもいいよ。私は大丈夫だけど。[/char] [char no=2 char="主人"]じゃぁ、降りてからにするか。[/char]

 

4合目手前で、渋々下山することに。(>_<)
初めから、もともと天気予報で強風だったので、途中で引き返すことになるのは分かっていたのですが、それでも残念です。

 

早池峰山の小田越(おだこし)コースは、山頂まで標高差約700mですが、そのうちの600mはこのようなツルツルして滑りやすく歩きにくい蛇紋岩(じゃもんがん)と言う岩場なんです。

 

なので、毎年数件は、怪我や事故があるそうです。
そのほとんどは高齢層の登山者だそうです。

 

特に初心者は自分の体力や筋力、登山技術などを考慮し、途中で引き返す勇気と決断も必要です。

 

さすがに高齢層にはならないけど、またリベンジすると言うことで、今回は私たちも下山しました。

 

この時は、主人もストックを使っていました。
私はほぼずっと使っているので。(苦笑)

 

あると全然楽です。初心者には特におすすめです。

 

この時の気温は、15℃ぐらいでした。

 

4合目付近では、強風だったので1枚ではちょっと肌寒い感じはありましたが、下山していくうちに暑くなるので、結局そのまま1枚で過ごしました。

 

 

 

 

お天気も良くないので、下山と決まれば、一目散に下山します。(^_^;)

 

足元が滑るので注意が必要です。

 

この程よい緊張感が、無事に下山できた時に大きな達成感となって、結構楽しかったりします。♬٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

 

 

 

あっという間に森林まで降りちゃいました。

 

ここまで、下山開始して27分でした。

 

頑張って登ったのに、下山はやっぱり早いです。(^_^;)

 

 

 

 

これは、何マツ?

 

 

 

 

森林帯の中間ぐらいにこのベンチがあります。

 

 

 

[char no=2 char="主人"]腹減ったな。[/char] [char no=1 char="yamatomo"]なら、ここで食べる?[/char] [char no=2 char="主人"]濡れてるからやだ。[/char] [char no=1 char="yamatomo"]あらそう。(^_^;)[/char]

そのまま下山。

 

↓ ギンちゃんがキレイだこと。ギンリョウソウです。

 

 

 

沢山咲いてました。結構好きです。(*^^*)

 

 

 

 

何だろう? 分からないけどキレイだったので撮りました。(*^^*)

 

 

 

 

後、少し、バスの走る音が聞こえます。

 

 

 

 

無事に下山しました!

 

一応、今日の記念写真。

 

 

 

 

実はまだ終わりではない。駐車場まで約2km歩くのだ〜!(^_^;)

 

 

 

 

見上げても残念ながら晴れませんでした。(^_^;)

 

 

 

 

私は小腹がまた空いたので、主人の後ろでこっそり、うふっ(*^^*)

 

ご飯まだだし。(*^^*)

 

 

 

 

帰りの道中で、タニウツギをパチリ。

 

花を見ると反応しちゃうんです。(^_^;)

 

 

 

 

こんなに咲いてました。

 

 

 

 

河原の坊に着きました。
早池峰総合休憩所です。道路を挟んで前が駐車場です。

 

 

 

 

 

駐車場にあるトイレ。

 

 

 

 

この日は、東野の東和温泉まで移動して、汗を流しました。

 

 

 

 

汗を流した後のソフトは美味しいです!*\(^o^)/*

 

 

 

 

今回の軌跡と時間と距離

参考までに。


早池峰山は、とっても魅力のある山です。

 

あなたもぜひ大切な最愛のパートナーと早池峰山の魅力を満喫してみてください!

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました!
愛と感謝を込めて。

 

 

yamatomo

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事