こんにちは!

 

夫婦で登山を楽しんでいるyamatomoです!

 

夫婦で日本一の山、富士山に富士宮コースから登った!

 

大勢の人が登る富士山、私とteruさんは今回2回目の富士登山となり、色々と学びや反省があった。

 

特に、初めて富士登山を目指しいている方に、富士登山を達成するための参考になれば嬉しく思う。

 

もちろん初めての富士登山ではなくても、参考になれば嬉しいので、ぜひ読んで欲しいと思う!

 

この記事では、前回の続きで翌朝のご来光を見るところからの山行をお伝えしまっす。

 

前回までの富士登山の記事

 

もしまだ見てなかったら、富士登山をする上で結構大事だと思うこともお伝えしているので、ぜひチェックして欲しいでっす!

 

山頂

ご来光

前回の記事では、ご来光を見れたところまでお伝えしてきた。

 

東側の御殿場コースの方から見る予定だったけど、残念ながら時間的余裕がなかった。

 

ご来光を見る登山者であふれていた

 

 

富士宮コースから見たご来光の動画

 

 

ご来光のあと

ご来光を無事に拝んだ後、振り返ると、凄い登山者でいっぱいな頂上富士館の前。

 

前日とはまるで別の場所のように。(^_^;)

 

凄い!どこから来たのやら。

 

まぁ、みんな登ってきたからだけど・・・・。

 

写真は少し減っているがこの中のどこかに私がいる

 

 

この人だかりが、富士館の売店で朝ご飯と温かいものを調達しようと、いつの間にか行列になっていた。

 

5時に売店が空いて、私たちも、結局富士館の中で朝ご飯のお弁当を食べた。(*^^*)

 

朝ご飯のお弁当は、写真に撮り忘れたけど、レトルトの鯖の味噌煮とご飯とお漬物とお味噌汁だった。(*^^*)

 

ちなみに、これが前日の夕方の富士館の前。

 

人いない(笑)

 

 

山頂について直ぐに撮った写真

 

 

前回の記事にも書いたけど、あんなに登っている人がいたのに、人がいない。(笑)

 

こちらは、富士館の裏のトイレ。

 

富士館のお客様ではなくても利用できる。

 

もちろん有料

 

 

剣ヶ峰

さて、やっと剣ヶ峰に登頂した様子を伝えらる。(笑)

 

しかし渋滞で並んでいる

 

yamatomo
どうする?

teruさん
並ぶか。

yamatomo
写真撮りたいよね、次いつ登るか分からないし。
もう登らないかもしれないし。

 

ということで並んだ

 

 

並んで待っている間、振り返ると、ここ結構な急斜面で砂と砂利なので、滑る。

 

転んでいる方も多かった

 

 

降るときは特に注意が必要。

 

なるべく足を横に向けてカニ歩きにすると降りやすい。

 

うちの夫婦は、この斜面に戻らず、そのままこの斜面と反対側の道をお鉢周りに行った。

 

並びながら、富士山の特別地域気象観測所の横を通って階段を登る。

 

やはり3700m以上、山頂の朝は寒いのでダウン着用

 

 

富士山の三角点を通過 (*^^*)

 

 

並ぶこと25分ぐらいで剣ヶ峰に到着し記念写真

 

 

疲労からか、標高が高いからか、顔もパンパン。(^_^;)

 

この剣ヶ峰から見下ろした辺りで、Facebook Liveの配信をした。

 

Facebook Liveの動画

 

 

お鉢周り

ほんの少しだけ、雪渓を歩いてお鉢周りの登山道へ出る。

 

この雪渓がすれ違えないぐらい細く、お互いに譲り合いながら渡らないといけない。

 

途中、直ぐ脇が崖でやや恐怖感がある (^_^;)

 

 

お鉢めぐりコース

 

 

この時の気温、12〜13℃ぐらい

 

やっぱり3000mを超える山には、ダウンやフリースは必需品だ。

 

前は、フリースの方が手入れが楽だし洗濯機で気にせず洗えるし、フリースを持参することが多かった。

 

ダウンも家の洗濯機で洗えることが分かってからは、コンパクト性と軽さでダウンを持参することの方が多くなった。

 

ちなみに私はPatagoniaのダウンセーター。

 

teruさんのはユニクロのウルトラライトダウン。

 

ユニクロのダウンはコンパクトにできる共布の袋もついていて良い。

 

まぁ、一応patagoniaのダウンセーターもポケットに収納できるようになっている。

 

けど、もう少しコンパクトにしたいのと、そのままザックに入れると、他の荷物で破損したり何かで濡れたりの心配があるから、私はさらに防水機能がある軽量のスタッフサック に入れている。

 

剣ヶ峰をバックにteruさんとここでも記念写真!

 

 

お鉢周りのコースに、何だかはよく分かりませんが、こんなもものが設置してあった。

 

地図で見ると金明水と書いてある。

 

金明水ってなんだ?

 

 

お鉢周りだけでも、距離が結構あるし酸素薄いから息が上がる。

 

周るのに1時間ぐらいかかる (^_^;)

 

 

吉田口コースとの分岐。

 

通り過ぎて、御殿場口コースに向かう

 

 

この辺りで、だいぶ陽も登って、

 

teruさん
暑い、脱ぐ。

yamatomo
じゃぁ、私もウィンブレにしよ。

 

歩くとダウンではちょっと暑くなって来てウィンブレに着替えた。

 

登山中は、体温調整のため、面倒臭がらずに着ているものは、こまめに調節することが大切。

 

まだお鉢周りは続く

 

 

吉田口コースと御殿場口コースの中間ぐらいで、剣ヶ峰をバックにまたも記念写真!

 

富士山は多分もう登らないだろうから(笑)

 

 

シャイなteruさんは、いつもニコっとしないで撮るので、くすぐっている!(笑)

 

そうするといい感じに笑顔で撮れる。(*^^*)

 

teruさん
いつも心で笑ってるんだよ。

 

yamatomo
ぶっ!(笑)

 

 

御殿場口コース

やっと、御殿場口コースまで着いた

 

 

ここから下山する。

 

おトイレを済ませてと思ったら、この御殿場コースのこの小屋にはトイレがなかった。(^_^;)

 

富士宮コースまで行かないとないらしい。

 

仕方なく下山途中で行くことに。

 

富士山はどのコースにも沢山、山小屋があるし各山小屋におトイレがあるので、心配はない。(*^^*)

 

富士山のおトイレはどこも有料だ。

 

それだけ、山の上で排泄物の処理をするのは大変なことで、富士山は、だいたい1回200〜300円だから、小銭は持参する必須アイテムの一つだ。

 

金額は違うかもしれないけれど、どこの山に登っても共通なことだから、小銭は持参して山登りを楽もう!

 

ちなみに私が今回利用したところは、1回200円のところがほとんどだった。

 

大砂走りの説明

 

 

御殿場コースの下山道には、特徴があって「砂走り」と言う砂と砂利の登山道で下っていく。

 

この「砂走り」埃がすごいのが難だけど、書いてあるように一歩が大きいから、一気に降りられる。

 

そして早い。(*^^*)

 

ただ、このコースはマスクやサングラスは必須だ。

 

ザックカバーも付けた方が埃まみれにならなくておすすめ。

 

帰りは、下に見える宝永山に立ち寄って下山予定

 

 

今回の山行はここまでで、次回にまた続きをお伝えしたいと思う。

 

次回は下山の様子と、宝永山に立ち寄った様子をお伝えしたいと思うから、お楽しみに!

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました!
愛と感謝を込めて。

 

yamatomo

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事