登山やトレッキングで蜂に刺されないための対策

こんにちは!

 

夫婦で登山を楽しんでいるyamatomoです!

 

登山やトレッキングは、山という自然環境の中に入って行くので、様々な生き物がいるのも当然。

 

登山やトレッキング中、特にシーズン中は、蚊やアブやブヨなどの虫に刺されることがしばしばある。

 

中でも特に心配なのは、蜂に刺されることだ。

 

温暖化が進んで気温が高い日が続いた2018年の夏は、スズメバチの繁殖が増加したことが分かっている。

 

これからは、日本中、どこでも登山やトレッキング中に、スズメバチと容易に遭遇するかもしれない。

 

蜂や虫に刺されずに、登山やトレッキングを楽しみたいのは誰もが同じだと思う。

 

この記事では、特に心配な蜂に刺されないための対策について伝えたいと思う。

 

登山やトレッキングでは、自分の体は自分で守れるように、蜂に刺されないための対策はもちろん大事だけれど、万が一刺された時の対処法を知っておくことも大事なことだ。

 

万が一蜂に刺された時の対処法について書いた記事はこちらから

 

蜂の習性と行動を知る

蜂に刺されないためには、蜂の習性や行動を知っておくことが重要である。

 

蜂は巣を守るために、単独行動で飛んでいて、パトロールをしているらしい。

 

実は、そのパトロール中の蜂を刺激しなければ、刺されることはほとんどないらしい。

 

蜂には、攻撃本能というものがあって、人間が近くに寄ってきた蜂を追い払ったり、大声を出したりして刺激をすると、蜂に攻撃され刺される可能性が高い。

 

刺激さえしなれば人間を攻撃することはないそうだ。

 

蜂は、視界が狭いため、真下の地面近くは見えていない。

 

なので、蜂が側で飛んでいる時は、静かに姿勢を低くして、なるべく背中を見せないように、そしてできるだけ離れるようにするといい。

 

目安としては、約10〜20mぐらい離れると安全だそうだ。

 

ただし、スズメバチの場合は、巣に近づいているだけで襲ってくることがあるので注意が必要だ。

 

スズメバチが一匹でも飛んでいたら、巣が近くにあるかもしれないので、その場から遠ざかった方がいい。

 

 

 

 

蜂に刺されないための対策

1.白っぽい服装をする

蜂は、薄暗いところを好み、人を好まないので、その習性を利用し、標的になりやすい黒っぽい服装は避け、白っぽい服装や明るい服装にする。

 

ただし、夜間は白だと目立つので逆効果の場合もある。

 

 

2.香水や整髪料はつけない

蜂は、香りが強いと反応しやすいため、香水や整髪料などの香りが強いものはつけない方がいい。

 

特にフローラル系は蜂が寄ってくるので、避けるようにする。

 

最近の洗濯洗剤、柔軟剤は、香りが強いものが多いので、登山ウェアなどを洗うときは気をつけた方がいい。

 

 

3.食べ物やジュース類に気をつける

蜂は、食べ物やジュースなどにも寄ってくることがある。

 

登山やトレッキング中に、行動食やジュースなどの飲料を飲んだりする時にも、不必要に出したり、こぼしたりしないように注意が必要。

 

巣が近くにある時は食べたり飲んだりはやめた方がいい。

 

 

4.帽子などで頭を隠す

人間の頭(髪の毛)や目などの黒いところは、蜂の標的になりやすい。

 

なので、できるだけ明るい色の帽子などを被り、頭や髪の毛を隠すといい。

 

 

5.姿勢を低くしてゆっくり離れる

もし、蜂の巣を見つけたらできるだけ遠くに逃げた方がいい。

 

先にも書いたけど、10〜20mぐらい離れると安全だ。

 

蜂は、早く動くものを敵と判断するため、蜂に刺されていなければ、姿勢を低くしてゆっくりと背中を向けないように離れる。

 

もし、蜂に刺されてしまった場合は、直ぐに逃げた方がいい。

 

蜂に刺されると、蜂の毒から警戒フェロモンが出て、他の蜂を応援に呼び寄せて、集まった蜂が攻撃してくることがある。

 

なので、できるだけ早く遠くに逃げるか、避難小屋や山小屋があれば屋内に逃げるのがいい。

 

 

まとめ

登山やトレッキングで蜂に刺されないための対策は、自分の体を守る大事なことである。

 

まとめると、

  • 蜂の習性や行動を知る
  • 白っぽい服装をする
  • 香水や整髪料はつけない
  • 食べ物やジュース類に気をつける
  • 帽子などで頭を隠す
  • 姿勢を低くしてゆっくり離れる

 

どれも直ぐにできそうなことばかりなので、ぜひ、蜂にさされないようにできることはやって、より安全に登山やトレッキングを楽しもう! (*^^*)

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。
愛と感謝を込めて。

 

yamatomo

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事